ホーム > 安全保障輸出管理 > 安全保障輸出管理

安全保障輸出管理

 
 
  安全保障輸出管理
 
 
 近年、大学や研究機関での国際交流が進み、さらにICT技術の発展により世界と繋がることが日常的に行われることが容易になってきています。海外の研究者や研究機関との技術や情報の交流が研究を進める一方で、先端技術を軍事応用に利用しようとする国家や集団へ情報が流出し易い状況であり、一部の軍事機器には日本の技術が含まれていることも確認されています。
 そこで、国は経済産業省を中心として安全保障輸出管理について国の体制を整備し、大学・研究機関へも広げるために文部科学省も協力し大学・研究機関への周知を行っています。
 東邦大学では、平成30年4月1日付で東邦大学安全保障輸出管理規程を開始し、大学が本学教職員を海外の安全保障上懸念のある国家や集団から守るためのシステムを立ち上げました。
 
 
 - 安全保障輸出管理の必要性 -
 我が国を始めとする主要国では、武器や軍事転用可能な技術・貨物が、安全保障上懸念のある国家やテロリストの手に渡ることを防ぐため、国際的に安全保障貿易管理の枠組みを作り、国際社会が協調して厳格な管理を行っています。
 経済産業省では、文部科学省等と協力し、先端的な研究開発を行う大学や研究機関においても、実効的な安全保障貿易管理が必要であるとの共通認識の下、説明会や注意喚起を実施しています。
 近年、安全保障に関連する機微技術の流出の懸念が拡大する中、大学や研究機関においても、国際的な人的交流や外国との共同研究等の国際化を一層進展するためにも、法律で遵守が義務づけられている「輸出者等遵守基準」を遵守し、機微技術をより一層適切に管理していくことが必要です。
 安全保障貿易管理は、大学や研究機関のコンプライアンス(法令遵守)の一部であり、法令に違反すればその大学や研究機関も罰せられる可能性があることに留意しなければなりません。また、国際的な人的交流や共同研究等を行う際には、輸出管理の体制を整えていない場合、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。
【経済産業省 安全保障貿易に係る機微技術管理ガイダンス (大学・研究機関用)
第三版「本ガイダンスの目的」より抜粋】
 


◆ 概要  ・・本学での取り組み体制・仕組みや手続き等について・・
 
 
 ◆ 安全保障輸出管理とは
 
 ◆ 仕組み(リスト規制・キャッチオール規制)
 
 ◆ 規制の許可例外  貨物※経済産業省サイトへ ・ 技術 ※e-GOV(イーガブ)へ
 
 ◆ 外国ユーザーリスト ※経済産業省「安全保障貿易管理」サイトへ
 
 ◆ 参考資料(関連サイト・ガイドライン)
 
 
◆ 手続き
 
 
 ◆ 管理体制図
 
 ◆ 東邦大学安全保障輸出管理規程(※学内専用)    
 
 ◆ 申請手続き・流れ(※学内専用)
 
 
◆ Q&A
 
 
 ◆ 全体の詳細な内容はこちら
   経済産業省「安全保障貿易管理」 Q&A
 
 ◆ 本学向けの内容はこちら (※学内専用)
   学内用 Q&A
 
 


◆ 関連事項  



■ 第2弾 説明会
医学部「安全保障輸出管理」説明会 ※終了しました
 
日時: 平成30年5月29日(火)16:45~17:45
場所: 会場:大森キャンパス 医学部 第3講義室

来場数:40名
 渡邉医学部長のご挨拶から始まり、中野先生より「安全保障輸出管理の概要について」をお話をいただき、広田先生からは「審査の方法について」のお話しをされました。
質疑応答では様々なご質問・ご意見をいただき、本学の安全保障輸出管理への高い関心が伺えました。
閉会のご挨拶では山﨑学長よりお言葉をいただき、充実した内容ともなりました。お越しになられた皆様、ありがとうございました。
 ※説明会等でいただいたご質問・ご意見は、随時Q&A(学内専用)に反映させる予定でおります。

■ 第1弾 説明会
「安全保障輸出管理」説明会 ※終了しました
 
日時: 平成30年3月29日(木)14:00~15:00
場所: 【メイン会場】習志野キャンパス 薬学部 C館101
【中継先 1】大森キャンパス 医学部 第3講義室
【中継先 2】佐倉病院 東棟1階 講義室1・2
【中継先 3】大橋病院 研究棟 第一会議室

来場数:147名
(内訳…習志野:105名、大森:31名、佐倉:9名、大橋:2名)
 山﨑学長のご挨拶から始まり、センター長の中野先生より、安全保障輸出管理について概要のお話をいただきました。広田先生からは、申請手順などの説明をお話しされました。
質疑応答では様々なご質問・ご意見をいただき、充実した内容となりました。

 ※説明会等でいただいたご質問・ご意見は、随時Q&A(学内専用)に反映させる予定でおります。